契約次第で働きやすくなる薬剤師

フルタイム勤務を行うイメージが多い薬剤師にも、短時間勤務や勤務スタイルを自由に選ぶアルバイトを選ぶ道があります。
薬事法改正に伴いドラッグストアでの第1類医薬品販売を行うために大量の有資格者が求められており、求人情報には常に複数の店舗で募集がかけられています。
競合店が多い地区では第1類医薬品を取り扱っていない店との差別化を行えるので、薬剤師をバイト募集しています。
時給が高く服薬指導の数は1日を通してさほど多くないために、ほとんどの時間は化粧品販売や日用雑貨の品出しを行うことに費やされます。
入店時に結ぶ雇用契約については、汎用のものを使用することなく業務内容を明確に記入した契約書面を作成することが大切です。
第1類医薬品の取り扱い有無に関わるので、退職時に後任の有資格者が見つかるまでの間辞めさせてもらえず揉める事例が多いからです。
調剤薬局へのバイトであれば、業務内容は調剤または調剤準備が中心ですが、ドラッグストアとは異なり薬以外の商品を販売することはありません。
ドラッグストアのスタッフの場合、せっかく資格を取ったのにレジ打ちばかりしていて業務が嫌になる人もいるようです。
勤務時間にも差があり、短時間勤務に向いている調剤薬局と、長時間勤務だけど単純な仕事内容のドラッグストアと違いがあるようです。
どちらで働くのが良いか迷う人もいるでしょう。
最終判断は、家庭の事情や通勤距離・地域性を含めた総合的な判断が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です