契約次第で働きやすくなる薬剤師

フルタイム勤務を行うイメージが多い薬剤師にも、短時間勤務や勤務スタイルを自由に選ぶアルバイトを選ぶ道があります。
薬事法改正に伴いドラッグストアでの第1類医薬品販売を行うために大量の有資格者が求められており、求人情報には常に複数の店舗で募集がかけられています。
競合店が多い地区では第1類医薬品を取り扱っていない店との差別化を行えるので、薬剤師をバイト募集しています。
時給が高く服薬指導の数は1日を通してさほど多くないために、ほとんどの時間は化粧品販売や日用雑貨の品出しを行うことに費やされます。
入店時に結ぶ雇用契約については、汎用のものを使用することなく業務内容を明確に記入した契約書面を作成することが大切です。
第1類医薬品の取り扱い有無に関わるので、退職時に後任の有資格者が見つかるまでの間辞めさせてもらえず揉める事例が多いからです。
調剤薬局へのバイトであれば、業務内容は調剤または調剤準備が中心ですが、ドラッグストアとは異なり薬以外の商品を販売することはありません。
ドラッグストアのスタッフの場合、せっかく資格を取ったのにレジ打ちばかりしていて業務が嫌になる人もいるようです。
勤務時間にも差があり、短時間勤務に向いている調剤薬局と、長時間勤務だけど単純な仕事内容のドラッグストアと違いがあるようです。
どちらで働くのが良いか迷う人もいるでしょう。
最終判断は、家庭の事情や通勤距離・地域性を含めた総合的な判断が必要となります。

バイトで薬剤師として働く

薬剤師として仕事をしたい場合、正社員ではなくバイトで働く方法もあります。
特に、家事や育児と両立したい主婦や、趣味を優先したい人にとっては正社員で働くよりもバイトの方がメリットがあるのです。
やはり、正社員ですとフルタイムで働かなくてはならず、どうしても仕事中心の生活になってしまいがちです。
その点、バイトでしたら短時間勤務も可能ですし、休みも自由にとりやすく、自分の都合に合わせて働くことができるのです。
そのため、プライベートを優先しながら働くことが可能になります。
正社員で仕事に追われながら働くよりも、プライベートを充実させることで心身共にリフレッシュすることができ、余裕を持って仕事に向き合うことが可能になるので、質の高い仕事を行うことができるでしょう。
また、薬剤師の場合、一般的な職業よりも時給が高いという特徴がありますので、たとえ短時間勤務や休みが多かったとしても収入を多く得ることができるというメリットがあります。
家事や育児、趣味を優先しながらも、生活費を多く稼ぐことができますので、効率的に日常生活を送ることができるでしょう。
それに加えて、薬局は全国に多数あるため、資格を持っていれば仕事に困るということもありません。
たとえば、引越しや夫の転勤などで新しい土地で生活しなくてはならない場合でも、仕事を見つけやすいでしょう。
もし、今まで正社員として働いていて、結婚を機にライフスタイルが変わり働き辛くなった、と感じている人は勤務形態を見直してみてはいかがでしょうか。
勤務形態を見直すことによって、今まで通り薬剤師として薬局で活躍することができると思いますよ。