バイトするなら専門店がおすすめ

薬剤師の業務には、服薬指導と調剤業務の2種類があります。
ドラッグストアの中には、第1類医薬品販売を行う際に必ず薬剤師による対面での服薬指導が必要となるので、第1類医薬品を扱いたい店舗は常時チェーン店全体で有資格者のバイトを募集しているという状況です。
一方、調剤業務では病院からの処方箋薬を調合して販売しているので、専門の薬局にて求人募集がされています。
短時間勤務や接客販売が苦手な場合には、調剤業務を専門に扱う調剤薬局へ応募すると良いでしょう。
問題となるのは、調剤併設型薬店にて調剤業務中に服薬指導を店長から求められる場合です。
粉末薬など薬の調合中には目を離してはならない業務中であっても、服薬指導に駆り出されることになるので非常に危険です。
責任は全て薬剤師が負うことになるので、安全にバイトを行いたい場合には調剤業務か服薬指導かどちらか一方のみを扱う薬局または薬店へ勤務すると良いでしょう。
やむを得ず通勤可能圏内に調剤併設型薬店しか存在しない場合には、バイトの契約書面に業務内容として調剤業務か服薬指導のどちらかのみを記述し、業務を限定する書面を求めることで回避する以外に方法がありません。
薬は使い方や処方を間違えると生命に関わることになるので、契約内容の限定を承諾しない店舗の場合には、本人の安全のために敢えて断るだけの勇気を持つことも大切ですよ。
どうしても両方の業務を行う場合には、正社員として勤務するなど責任ある立場の契約を求めるべきでしょう。